兵庫県出身の寺岡ゆ太郎氏(明治19年生)は当時、イギリスからの輸入品だった織ネームに着目し、明治44年頃に我が国最初の織マークの生産を始めました。寺岡氏は、同時に数幅のマークが織れるように手織り框を改造し、これに紋機(ジャガード)を組み合わせ、紋紙(パターン)は自分で苦心してポンスで一つ一つ穴を開けて作った。
 大正3年頃は、第一次世界大戦の影響で国産の織マークの需要が急増し、寺岡氏が考えたマーク製造事業は実にタイミングよく時流に乗って需要が伸びていった。

 明治末期頃には、丸岡でも手機を使って細巾らしいものが織られていた。残念ながら当時の製品は残っていないが、リボン、テープのようなものから紋べり、レースなどなんでも手掛けていたものと思われる。
従って、丸岡における織マークのルーツを辿れば、明治末期から中期までさかのぼることができ、胡蝶ネーム製造所の創業以前から細巾リボンの生産が行われていたものと思われる。
しかし、当時は技術、生産、販売すべてにおいて京都の西陣は先進地であり、現在の丸岡における織マーク業界の起源は、西陣の技術指導・販路斡旋を受けて誕生した事実は明確にしておきたい。
■ 丸岡における織マークの沿革─
京都の西陣で製造を学ぶ
寺岡氏と胡蝶ネーム製造所
細巾織物のルーツは明治末期
福田恭治氏の細幅織機製造
丸岡細巾マーク織物組合の結成
織マーク工業組合の認可
戦時統制によリー県一組合に
福井大地震で壊滅的な打撃
■ 織マーク業界の歩み─────
アメリカから大量の織マークの注文
細巾業者が大同団結し『危機突破大会』
オリンピックマークの受注経緯
輸出織マーク検査基準を制定
業界の結束を強めた織マーク連合会
調整組合が発足し過当競争を防止
織機買上げ、共同廃棄事業
昭和53年時の織ネーム業界のビジョン策定
紋紙工程のコンピュータ化研究
「原着糸」の共同購入
標準色の一括加工および販売事業
画期的な高速織機
「ニセ商品の織マーク」事件
高品質な「越前織」のブランドをめざす
少数激戦、まさにサバイバル時代
紋紙リーダーの導入と設備リース事業
振興開発グループの発足
ポリエステル原着糸(FS糸)の開発
インターネットによる情報の収集・発信
著作権所有者の許諾を得ず、私的使用以外の目的において、これらの著作物の全部または一部の複製は禁止されています