スラーダーネームは、引き手としてファスナーのスライダー金具に付けられて使用するため、裏表が無いものがほとんどです。これは、二重織(袋織)といった技法を用いて織られます。
同じような引き手にカメラなどのショルダーテープを使ったものがあります。これに比べると、丈夫さに欠けますが、ロゴやデザインの細かい表現がしやすい、小ロットに対応できる、風合いの豊かさ、色変更が簡単などの利点があります。
 また、その形状は長方形に限らず、カット技術によりお好みの形に仕上がります。
さらに袋状になっているところ(一部または全部)を膨らまして、よりボリュームのある製品もお楽しみ頂けます。

二重織(袋織)
この技法は、スライダーネームにだけ用いられるわけではなく、織物の重さ・厚さあるいは強さを増す目的で、使用されたり、裏糸を隠す目的でテープや脇ネームなど幅広く使われています。
テープ はがき タブ
製作依頼・見積り専用ページへ  ネーム・ワッペンの製作規格・製造・仕上げまで承ります
toppageへ 〒910-0227 福井県坂井市丸岡町荒町16
Tel (0776)66-0226  Fax (0776)66-2639
このサイトの著作権は、柳沢ウーベンラベル株式会社にあります。画像等の無断転載は、禁じられています