織ネームやワッペンなどの一部を膨らませて立体感のある仕上がりにするのが、ボリューム加工です。
二重織(袋織)の技法を用いて織られ、袋状のところにボリュームを与えることで、ファッション性、遊び心も膨らみます。ボリュームが与えられた部分は、柔らかく、指で押してもすぐに元にもどり、温かみさえ感じます。
その多くは多色使用が可能なレピア織機により製造されます。
 近年、ファスナースライダーの引き手に多く使用されるようになりました。
(下線:一枚、一枚手作業でボリュームを与えます。手作業のため、日数も必要となり単価も高くなります。 )

紋どめと倍越し
織ネームで、表の糸の浮きを組織にて止めることを紋どめといいますが、これが目立たないようにしたり、またボリューム感を与えるために倍越しという技法をもちいることがあります。
 倍越しを用いた所は、刺繍のような風合いになりますが、小さな文字などにはお勧めできません。
 紋どめも、上手に利用することでそれ自体がデザインの一部になったり、濃淡を表わしたりできます。
詳しい説明のページへ
製作依頼・見積り専用ページへ  ネーム・ワッペンの製作規格・製造・仕上げまで承ります
toppageへ 〒910-0227 福井県坂井市丸岡町荒町16
Tel (0776)66-0226  Fax (0776)66-2639
このサイトの著作権は、柳沢ウーベンラベル株式会社にあります。画像等の無断転載は、禁じられています