管に関する資料
シャトル織機に使用する管(くだ)。
使用するさす(シャトル)により管も使い分けされます。
中央はラッパ、下段は芯金とちぢ。
これらは、管に差し込んで使用します。
これらは、紋糸のテンションをとる働きをします。ちぢの強弱でテンションを調整することを「ちぢかげん」などと言います。
このサイトの著作権は、柳沢ウーベンラベル株式会社にあります。画像等の無断転載は、禁じられています