シャトルに関する資料
シャトル式織機に使用する杼(ひ)の一部です。織り巾や織機の種類などにより、いろいろなシャトルを使い分ける必要があります。
上段のシャトルは、「ラッパ」を使用するもので、ネームの柄や文字を織るためのものです。
下段のシャトルは「弓さす」とよばれ、ネームの地を織るためのものです。
「弓さす」は、「ラッパ」は使用せず、弓の脇にある3〜4本のちぢ(バネ)でテンションをとります。
このサイトの著作権は、柳沢ウーベンラベル株式会社にあります。画像等の無断転載は、禁じられています