筬に関する資料
大正から昭和初期にかけて使用された竹製の筬(おさ)。この頃は、まだ手織りだった。
筬歯の間は紐の太さで調整しているのが、わかります。
現在使われている筬。
ステンレス製。
平織用、朱子織用など、織機により筬密度が違います。
このサイトの著作権は、柳沢ウーベンラベル株式会社にあります。画像等の無断転載は、禁じられています