■ 紋紙(もんがみ)って何? ─────
 パンチカード、カットペーパーともいわれ短冊状のボール 紙にたくさんの穴がいくつもあいています。 紋紙にあけられた穴は、織物の紋柄を織り出すためのデー タで、ジャカード部分に連動させ、織機と縦糸の上下を制 御します。 200口、400口、600口、900口、1300口など ジャカードにあわせて作成します。 最近では、紋紙に代わってコンピュータを使用してフロッピーディスクに紋データ を入力したものも使われています。
■ 紋紙製作行程 ─────
 意匠図は、織物の設計図でデザイン画を投影機あるいは手描きによって意匠紙のマス目に拡大して彩図し、織り組織との関係を考えて彩色する。
この意匠図を元に紋彫機でパンチングされる
 CGSは、上記の作業をコンピュータ(ジャカード織物デザインシステム)を使用して作成される。
日割計算による織物イメージデータ(柄)のスキャナーによる入力。
柄の修正と色使いの選択、及び織物組織の入力。
この柄を 予め登録してあるジャガードのタイプや柄釣り範囲、ひ替え針の指定など釣込みの仕様、織機の指令などを合わせて処理をする
toppageへ 〒910-0227 
福井県坂井市丸岡町荒町16
Tel (0776)66-0226
Fax (0776)66-2639
このサイトの著作権は、柳沢ウーベンラベル株式会社にあります。画像等の無断転載は、禁じられています