織物を構成するのには、タテ糸とヨコ糸を互いに上下に交錯させなければなりません。 この交錯することを組織すると言い、組織の形でさまざまな風合いの織物ができます。
■ いろいろな織り方 ─────
織物の組織は種類が多いが、その基礎となるものは「平織」「斜文織」「朱子織」
の正則組織で、これを三原組織と呼んでいます。
. 平 織(Plain weave)
〈特 徴〉
・平坦で丈夫な組織である
・糸密度を多くすることが出来ず、糸間の隙間が大きい
・風合いは硬く、厚地にならない
・摩擦に強く、応用範囲が広い
斜文織(綾織)(Twill weave)
〈特 徴〉
・タテ糸、ヨコ糸おのおの3本以上で作られ、表面には
 斜めに畝状の線が現れる
・平織に比べ糸密度を大きくでき、糸間の隙間が少ない
・柔軟な風合いでしわがよりにくく、厚地にできる
・摩擦には弱くなるが、光沢に富む
朱子織(Satin weave)
〈特 徴〉
・タテ糸、ヨコ糸おのおの5本以上で作られ、
 強い光沢を持つ
・糸密度が高く、糸間の隙間がほとんどない
・摩擦に弱いが、最も柔軟で、厚地にできる
・5枚朱子、8枚朱子、10枚朱子、裏朱子などがある
織ネームには、上記の他にも、いろいろな織り方を使用したものがあります。
『織物組織の種類』のページで、サンプル画像をお楽しみください。
toppageへ 〒910-0227 
福井県坂井市丸岡町荒町16
Tel (0776)66-0226
Fax (0776)66-2639
このサイトの著作権は、柳沢ウーベンラベル株式会社にあります。画像等の無断転載は、禁じられています